薬に頼ること

こころゆるび〜メールカウンセリング〜の時任美歌です。

薬に頼ることに抵抗がある方もいらっしゃいますよね。風邪薬等は服用出来ても心療内科や精神科から処方される薬には抵抗があるということを耳にします。未だに心療内科や精神科にはネガティブなイメージがあるようで、そこから処方される薬となると「依存性があるんじゃないか」「何か怖い」という考えが浮かんでしまうようですね。

けれど、必要な時に薬に頼ることは悪いことではありません。熱が出た時に解熱剤を服用することを悪いことだと言う方は少ないでしょう。また、病院から処方された薬を服用することを批判する方も少ないと思います。

薬に頼ることで気持ちが落ち着いたり、動悸が治まったりするならば薬を服用した方が穏やかに過ごすことが出来ますよね。特に心療内科や精神科に通う方は不安や気持ちの浮き沈みに疲れたりすることがあるでしょう。そういう時に薬を利用して自分が楽に過ごせるようにするのは病気を治す為の近道になります。薬の依存性に関しても、ちゃんとした医師ならばそこも含めて治療してくれるので怖がらないでください。

今回はここまでと致します。ご覧頂きありがとうございました。


こころゆるび〜メールカウンセリング〜

https://kokoroyurubi.com/homepage/

時任美歌