こころゆるび~メールカウンセリング~の時任美歌です。

病院で受診したらほとんどの場合、薬が処方されますよね?
しかし、心療内科や精神科の薬は効いているのかいないのか分からないという方もいれば逆に薬に依存してしまう方もいます。
このどちらでも有り得るのが薬の過剰摂取です。薬は飲みすぎていいことはありません。
効いているか分からないから、もっと安心したいからと飲む量を勝手に増やしたりしてもよいことはないのです。
薬が効いている気がしないからと飲むのを止める方もいますが、まずは、医師に相談することが大切ですよ。どんな薬であれ合う合わないが存在しますから、自分に合った薬を探すことが重要です。
私自身、薬は増やしたり減らしたり薬自体を変えたりと色々試しました。
薬に依存してしまう方はその事を医師に話し一緒に解決策を考えてみるのも手です。薬を処方しているのは医師なので現状を明確に伝えた方が気が楽になりますからね。
薬は時として毒にもなりかねませんから、自己判断で飲む量を勝手に変えるのは本当に危険な行為です。下手をしたら命に関わりますからね。

今回はここまでといたします。ご覧いただきありがとうございました。


こころゆるび~メールカウンセリング~

https://kokoroyurubi.com/homepage/

時任美歌