病院の決め方2

こころゆるび~メールカウンセリング~の時任美歌です。

いざ心療内科若しくは精神科に行くと決めても、これかもしれないという病気を診察している病院が幾つもあると、どの病院がいいのか悩みますよね?
先日は精神科か心療内科に悩んだら心療内科をおすすめしましたが、病院を決める目安の一つとして予約制の病院か予約制ではない病院かどちらが通いやすいかという点も大切です。
精神科や心療内科は予約制のところが非常に多いのですが、そうではない病院も探せばあるものですからね。
予約制の病院のメリットは予約している日時に必ず診察を受けられるというところです。デメリットは予約制の為その日時に必ずいかなければならないというところと行けなくなった場合キャンセルの連絡などをする必要があるところでしょうか。
予約制ではない病院のメリットは自分の好きな時に行けるというところですよね。
デメリットは待ち時間等が長かったりして、その後の予定が立てにくかったりするところでしょうね。
予約制の病院と予約制ではない病院は大抵どちらかしか受け入れてくれません。例えば、予約制の病院に飛び込みで行っても初診以外は診察を受けられない可能性が高く、予約制ではない病院の場合は予約等を一切受け入れない可能性が高いのです。
ですので、自分にはどちらのタイプの病院が通いやすいかを病院に行くときには考えてみてください。
決まった予定通りに動く方が気楽なら予約制、体調によっていけない日とかがありそうで不安なら予約制ではない病院を選ぶなど理由は様々でしょうが、通院するならば行きやすい病院の方が楽ですからね。

今回はここまでといたします。ご覧いただきありがとうございました。


こころゆるび~メールカウンセリング~

http://kokoroyurubi.com/homepage/

時任美歌