受け取り方

こころゆるび~メールカウンセリング~の時任美歌です。

伝え方によって受け取る側の反応は大きく変わりますよね。
大したことのない言葉でも、受け取る側はその言葉に傷ついたり、疑問を抱いたりすることがあります。
「そんな言い方しなくても」「もっと言い方があるでしょ?」と思ったことがある方もいらっしゃるのではないですか?
特に今のような忙しい時期ですと、相手にまで気が回らずに、キツい言い方や誤解を生むような言い方をしてしまいがちです。
受け取る側であるときは、キツく言われたりすると嫌な思いをしたり、傷ついたりもしますが、言った側の気持ちに目を向けることも必要なのかもしれません。
キツく言われると相手は自分を嫌っているからだと思ってしまうことがありますが、本当にそうかは分からないのです。
聞いていると、誰に対しても同じような言い方をしているときもありますし、特別仲のいい人にだけ優しい言葉をかけられる人だったりもしますよね。
相手が自分をどう思っているかよりも、相手が何故、そんな言い方をしたのかと考えた方がよかったりします。
例えば、忙しかったから気を配る余裕がなくてキツい言葉になったということもありますよね。
自分自身が相手の立場だったら、優しく言えるかと言われると、分からない場合も多いです。
言葉は受け取る側で変えられるものですので、傷ついたり嫌だと思う前に一度、何故、あんな言い方をされたのかを考えてみてくださいね。

今回はここまでといたします。ご覧いただきありがとうございました。


こころゆるび~メールカウンセリング~

http://kokoroyurubi.com/homepage/

時任美歌